土居珈琲でドリップパックは購入できる?豆との違いは?

コーヒーを日常で飲む中で、インスタントコーヒーから、缶コーヒー、
豆からドリップして飲んだり、ドリップバッグで飲む方など様々だと思いますが、

コーヒー豆焙煎の通販で有名な土居珈琲では、ドリップバッグは売っているのか?

と、そもそもドリップバッグはどういうものなのか、豆から淹れるのと何が違うのかについてこのページでは解説していきます。


土居珈琲でドリップパックは販売していない

土居珈琲では、ドリップバッグは販売していません。

コーヒー豆以外にもコーヒー関連の器具等は、少し販売しているみたいですが、基本的にはコーヒー豆の販売が主です。

そして、コーヒーを美味しく飲みたい、コーヒー好きなら知っておくべきドリップバッグの大きな欠点を少し説明していきます。


ドリップバッグの大きな欠点

ドリップバッグは、お湯を注ぐだけですぐにコーヒーが淹れられる便利なアイテムですが、決定的な欠点があります。

それは、コーヒー豆の酸化と劣化です。

ドリップバッグ

基本的にコーヒー豆は、焙煎されると豆の内部でコーヒーのガス(アロマ)が発生し、美味しいコーヒーが抽出できるようになり、そして同時に酸化がはじまります。

焙煎から時間がたつと炭酸ガス(アロマ)も抜けていき、どんどんと酸化も進んでいきます。


おいしく飲めるタイミングとしては豆の状態で焙煎から1か月くらい
長く見積もってもせいぜい3か月までです。

それがドリップバッグだと豆が挽かれた粉の状態で商品になるので、ガスが抜け酸化するスピードも豆の状態の何倍も加速します。

なのでドリップバッグという形式では、いつでも楽にコーヒーを飲むことができるという利点がある分、本当の意味で美味しいコーヒーを飲むことは厳しいということです。

断言しますが、ドリップバッグの時点でコーヒー豆本来のアロマは失われ、酸化しきっています。

本当に美味しいコーヒーが飲みたい方はコーヒー豆の状態で、焙煎されてから1か月以内の新鮮な豆をドリップして飲みましょう!


もちろん、土居珈琲では、注文を受けてから焙煎がされるので、新鮮な豆を手に入れることができます。


土居珈琲のお得な初めてのセット

土居珈琲では、初めての方に向けたお得なセットがあり、2種類の銘柄を飲み比べることができます。

①ブラジル・ダテーラ農園
②エルサルバドル・ラ・レフォルマ農園
厳選された味わいの異なる2種類の豆です。


土居珈琲の初めてのセットを実際に飲んでみたレビューはこちら


まとめ

土居珈琲では、ドリップバッグは販売されていません。

ドリップバッグは便利ですが、炭酸ガスが抜け、酸化もしているのがとても大きな欠点です。
もちろん土居珈琲では注文を受けてからコーヒー豆を焙煎するので新鮮な豆が届きます。
本当の意味で美味しいコーヒーを味わってみませんか?