土居珈琲は楽天、amazon、公式サイトどこから買うのが1番お得?

土居珈琲楽天amazon、公式サイト、どこでも購入できますが、
どこが一番安いのか、お得に購入できるのか調べてみました。

ぜひ参考にしてみてください。



土居珈琲は楽天、amazon、公式サイトどこから買うのが1番お得?

まずコーヒー豆において一番大切な豆の品質や焙煎日ですが、

楽天、amazon、公式サイトいずれも公式の土居珈琲さんが運営されているようなのでどこのサイトで買ったから豆の状態が良い、劣っているなんてことはないです。

そこは安心してください。


しかし、豆の焙煎度合(イタリアンロースト・フレンチロースト・フルシティロースト・ハイロースト・シティロースト)を選ぶことが出来るのは公式サイトだけです。


そして、豆の状態(豆のまま・細挽き・中挽き・粗挽き・極細挽き)を飲み方、淹れ方に合わせて選べるのは公式サイトと楽天だけです。

なのでamazonは焙煎度合いと豆の状態はお店が決めた状態でしか購入できません。

【選択が可能が〇、不可が✖】

  楽天 amazon 公式サイト
焙煎度合い

豆の状態

公式サイトだけが唯一、焙煎度合い・豆の状態を選べます


次に送料ですが、こちらも楽天、amazon、公式サイト同じく送料は一律で550円となっているようなので違いはありません。

次に豆の銘柄ごとの価格です。

銘柄 楽天(税込み) amazon(税込み) 公式サイト(税込み)
グァテマラ カペティロ農園 2,198円 2,198円 1,998円
ブラジル ダテーラ農園 1,901円 1,901円 1,728円
コロンビア エメラルドマウンテン 3,089円 3,089円 2,808円
エチオピア イルガチェフェ 2,020円 2,020円 1,836円

ゴールデンマンデリン

2,614円 2,614円 2,376円

人気銘柄をピックアップしてみましたが、楽天とamazonは基本的に同じ価格でどの銘柄も公式サイトが若干ですが1番安いことがわかりました。

これは意外でした、どのサイトも運営は土居珈琲さんがやられているので価格は同じだと思っていましたが公式サイトが一番安かったです。


なぜ公式サイトが安いのか?
楽天やamazonはショッピングサイトのため出店には費用が掛かる為、その分の費用が上乗せされているのではないかと思われます。

個人的には楽天、amazon、公式サイトを比較すると、
そのサイトでポイントがたまっているとかでなければ1番価格も安く、焙煎度合い、豆の状態を自分の好みで選べる公式サイト一択ではないかと思います


土居珈琲をお得に購入できる公式サイトはこちらから


土居珈琲の初めてのセットを注文して飲んでみたレビュー記事はこちらから