土居珈琲は評判や口コミ通りの味?初めてのセットを飲んで検証してみた!

コーヒー通販で有名な土居珈琲で『初めてのセット』というものを注文してみました。

初めてのセットで届いたコーヒー2種類(グァテマラ カペティロ農園とエルサルバドル ラ・レフォルマ農園)を飲んでみた感想とレビューをしていきたいと思います。


土居珈琲とは

土居珈琲は1971年、珈琲焙煎士、土居博司さんが創業したコーヒー会社です。
大量生産ではなく、「その人のために作り上げたコーヒー」を前提に考え、そこから築き上げた40年以上の技術と経験によって、コーヒー豆を焙煎されています。

主に高い標高で収穫された、収穫量の少ない銘柄のみを扱っています。
標高の高いエリアは寒暖の差が激しいため、コーヒーの実がより引き締まるからだそうです。


また、ハンドピックと言って、良質な豆を人の手作業で選別しています
良質な豆のみをそろえることで、その銘柄の持ち味がさらに研ぎ澄まされていくからです。

土居珈琲で使われている釜は、大量の生豆を効率よく一定の温度や基準で焙煎できる大きなものではありません、一度に少量しか焙煎できない小さな釜です。

大きな釜や機械式の焙煎機だと、それぞれの生豆にあわせた火加減や時間を調整できないというデメリットがあるからです。


もちろん、小さな釜で焙煎することは、焙煎技術が伴われます。
焙煎時間が数秒ちがうだけで、コーヒーの味は変わるからです。
なので、それぞれのコーヒー豆に合わせて『色』や『音』そして『香り』を確かめながら焙煎されています

土居珈琲では注文を受けてからコーヒー豆を焙煎するので焙煎したての新鮮な豆が届きます。


土居珈琲の初めてのセットを注文してみた

さあ、届きました、土居珈琲『初めてのセット』です。
中には、
①コーヒー豆2種類(グァテマラ カペティロ農園とエルサルバドル ラ・レフォルマ農園)
②土居珈琲の冊子(ニュースレター)
③土居珈琲の紙袋
の3点が入っていました。

肝心のコーヒー豆ですが、きれいに袋に詰めて並べてあります、
そして焙煎日(到着した日の前日)が記載されているので、焙煎したての新鮮な豆だとしっかりとわかるようになっています。

それでは、グァテマラ カペティロ農園エルサルバドル ラ・レフォルマ農園の2種類の豆をそれぞれドリップして飲み比べていこうと思います。



グァテマラ カペティロ農園

グァテマラ カペティロ農園とは

グァテマラ国内に数あるコーヒー農園のなかでもひときわ注目を集めており、「奇跡の農園」と称されています。グァテマラのコーヒー生豆博覧会において、3度にわたり1位を獲得。

レッドブルボン種のロットのもので生産量が少ない希少なロットの銘柄となっています。


土居珈琲の評価

テイスティング評

柑橘系の果実の爽やかさとナッツの甘さをあわせ持つ、品性の高い香り。後味にチョコレートの甘さが残る。



コーヒーを淹れて飲んでみた感想

もちろん豆のまま、焙煎度合いはフルシティローストということで浅煎りと深煎りのちょうど中間くらいですね。

豆を確認していきます、大きさは中粒、ふっくらとしていて、
丁寧に火が入った焙煎がされています。

袋から全てだして確認してみましたが、欠陥豆もなく、
しっかりとハンドピックまでされているのがわかります。

挽きました、一般的にいう細引きですかね、この時点でグァテマラ カペティロ農園特有のフルーティな良い香りがふんわりと香ってきます。
今回は(豆18g 湯200ml 温度95℃位)で淹れていきます。

粉全体にお湯が浸み込む程度にすこしお湯を注いで蒸らしていきます。
さあ、見てくださいこの膨らみを!!
焙煎されたばかりの新鮮な豆だということがこの膨らみをみるだけで一目でわかります。

なぜ蒸らすのか?
「蒸らし」の時にコーヒー豆が膨らむのは、コーヒー豆に含まれる炭酸ガスが放出されるからです。ガスを出すことで、コーヒーとお湯がなじみやすくなり、コーヒー豆に含まれるアロマや成分を抽出しやすくなります。


さあ、お湯を注ぐと膨らんだコーヒーからたくさんのガスが出てきます、
この時点でもう既においしそうですね! 美味しいコーヒーが入りますように。
はやく飲みたい!

さあ、抽出完了です、それでは飲んでいきます。

まず口にして最初に感じるのはコーヒーの甘みです。
そしてあっさりしていて、どんな人にも合うだろうなあと感じました。

また焙煎度合いがフルシティローストということで今流行りのシティローストやハイローストのような浅煎りというわけではないので酸味だけ際立ってガンッとくる軽い感じの味わいではなく飲みごたえはあります。
そしてフルーティな酸味と苦みを良いバランスで感じさせます。
土居珈琲のテイスティング評にあった、柑橘系の果実の爽やかさというのはよくわかります。

まとめると

・あっさりしていて万人受けしそう。
・甘みが強く、柑橘系の酸味が心地よい。
・サードコーヒーのような浅煎りとは違い飲みごたえはある

という感じでしょうか。 とても飲みやすく美味しかったです。
では、もう一つのほうも淹れて飲んでいきましょう。

土居珈琲の初めてのセットはこちらから



エルサルバドル ラ・レフォルマ農園

エルサルバドル ラ・レフォルマ農園とは

ラ・レフォルマ農園は、エルサルバドル西部サンタアナ火山の麓に位置します。
100年以上の歴史を誇る由緒ある農園です。

収穫期には、熟練した摘み手たちによって完熟したコーヒーの実のみが手摘みで収穫されていきます。
特筆すべきは2011年『カップ・オブ・エクセレンス』3位入賞で、
四代目の当主アルバレス氏は「栽培方法のすべては、コーヒー農園をはじめた当初から変わっていない。人間の地道な努力の積み重ねが、この銘柄の味わいを作り出している」と仰っています。


土居珈琲の評価

テイスティング評

ダークチョコレートのようなほろ苦さと甘さのバランスが良い。グレープフルーツのような酸味が続く。



コーヒーを淹れて飲んでみた感想

焙煎度合いは同じくフルシティローストです。
こちらもふっくらときれいな豆ですね。
それでは淹れていきましょう!

ちなみに同じ挽き具合の細引きです。
今回も(豆18g 湯200ml 温度95℃位)で淹れていきます。

お湯を注ぐと膨らんできました、当たり前ですがこちらの豆も新鮮な豆だとわかります。


それなりに重厚感や濃さがありながらもほんのりと甘みを感じさせる飲み口です。

果実系のフルーティさとは違い少しビターなダークチョコレート感という感じです。
酸味はほんの少し感じる程度で
個人的には深煎りでもよりポテンシャルが引き出されて美味しく飲めるのではと思いました。
先ほどのグァテマラ カペティロ農園と違いがあって飲む比べるのも面白いですね。

まとめると

・それなりに重厚感や濃さを感じられる味わい
・ダークチョコレート感
・酸味や甘みはほんの少し感じさせる 

グァテマラ カペティロ農園とエルサルバドル ラ・レフォルマ農園、どちらもとても飲みやすく美味しかったです。

単体でももちろん美味しいのですが、初めてのセットということで飲み比べるという楽しみ方も特に違いのわかりやすい2種類ですごく良いと思いました。
また、改めて土居珈琲の焙煎技術の高さが良くわかりました。
土居珈琲のコーヒーを試したことのない方は是非試してみてください!

土居珈琲の初めてのセットはこちらから



土居珈琲の口コミや評判

土居珈琲の評判や口コミをまとめてみました。
楽天、amazon、googleの口コミを引用しています。


☆☆☆☆
初めてグァテマラ カペティロ農園のコーヒーを飲んだ時の感激。
忘れられません。注文すると焙煎してくれ翌日届きます。

☆☆☆
2種類の豆を購入し、飲み比べて楽しみました。
とても甘い香りで美味しくいただきました

☆☆☆
口当たりの良いバランスの取れた美味しいコーヒーでした。
もう少し香りが強いと最高です。

☆☆☆☆
やっぱり土居コーヒーがいい。コーヒー豆はネットで購入してます。
ネットショップを何店舗か試しましたが今では土居コーヒーに落ち着きました。
土居コーヒーで毎月オススメのコーヒー豆もためしましたが苦手な豆が届くと人にあげたりしてその分をどこかで買うのが面倒なので
今は一番人気のヴァテマラカペティロ豆か甘いブレンドにおちつきました。
注文後焙煎して送ってくるので香りがすごくします

☆☆☆☆☆
いつ注文しても不良豆が入っていないです。高品質で抜群に美味しいです。
今まで、土居珈琲さんで珈琲を注文してがっかりしたことがないです。時には、辛い時や苦しい時も、とびっきりに美味しい珈琲を味わえる幸せ、贅沢さ、そして、確かな癒しを感じながら、僕の人生に、良いアクセントを与えていただいています。そのような珈琲です。これからも楽しみにしています。

☆☆
いつもおいしく飲んでいます。
もう少し安いと助かるのですが。

☆☆☆☆
酸味が苦手な私にとって美味しいコーヒーです。
くせも強くないため、飲みやすい コーヒーだと思います。

☆☆☆☆☆
粗挽き→フレンチプレスでいただきました。
開封したときの香り、挽いていて手に伝わるサクサクっとした感触から、もう期待が高まります。淹れて「ビターチョコのような香り」に納得。さらに、焙煎したてで送ってくれて新鮮だったからなのか、開封直後の豆っぽい感じから、翌日、またその翌日と日を追うごとに風味の変化が起こり、飽きずに最後まで楽しめました。


口コミまとめ

悪い口コミ
値段が高い、コスパが悪い。
味があっさりしすぎ

良い口コミ
品質が高い
焙煎したての新鮮なコーヒーが翌日届く
ハンドピック等ちゃんとされていて不良豆が一切見当たらない

口コミをまとめてみた感想としては、良い口コミでは、品質が高く焙煎したての新鮮なコーヒーが届くという意見が見られました。

一方、悪い口コミでは値段が高い、味があっさりしすぎという意見でした

値段が高いという意見には、収穫量の少ない品質が高い銘柄なので仕方ない部分はありますが、喫茶店で飲めば一杯700~800円は平気でするような豆なので200g(ティーカップ20杯分)が2000円程度で買えるのはかなりお得とも言えます。

味があっさりと感じた方には土居珈琲ではほかに深煎りの豆やブレンドなどいろんな種類があるので試してもらいたいなと思います。

土居珈琲の初めてのセットはこちらから



Q&A

コーヒー豆の保存方法は?

コーヒーを保存するうえで大切なのは、
光・酸素・水(湿気)からコーヒー豆をいかに遮断するかということなので、冷暗所で保管することをおすすめします。できれば密閉できるキャニスター缶などが良いともいます。

コーヒーミルをもっていないけど大丈夫?

本当はコーヒーを豆の状態から挽きたてで飲んでもらうのが一番良いですが、

土居珈琲では挽いた粉の状態でも購入でき、挽き具合も選べます。

基本的にペーパーフィルターでドリップする場合は細引き
コーヒーメーカーの場合は中挽き
フレンチプレスの場合は粗挽き
エスプレッソの場合は極細挽きがおすすめです。


まとめ

土居珈琲評判や口コミがあっているのか検証すべく初めてのセットを注文して飲んでみました。

感想としてはグァテマラ カペティロ農園とエルサルバドル ラ・レフォルマ農園の2種類どちらもとても飲みやすく美味しかったです。

ぜひ気になった方はチェックしてみてください!